新生児聴覚スクリーニング

大切な赤ちゃんのためにできることは何か考えました。

当クリニックでは健やかな赤ちゃんの成長のため『新生児聴覚スクリーニング』を行っています。

赤ちゃんはお母さんのおなかの中にいるときから音を聴いています。赤ちゃんが言葉を話し始めるのは1歳過ぎですが、それまでは周りの言葉・歌・物音など、さまざまな音を聴いて学んでいます。もし赤ちゃんに難聴があった場合、言葉を学ぶための大事な時期が損なわれることになります。赤ちゃんは自分から聴こえないことを知らせることができませんので、生まれてすぐに検査することが大切なのです。

新生児聴覚スクリーニングとは

赤ちゃんの1,000人に1~2人は何らかの聴覚障害(難聴)があると言われていますが、難聴かどうかは、赤ちゃんの外見では判断できません。この検査は赤ちゃんに負担をかけることなく、聴こえているかどうかについて調べる検査です。

検査方法

検査は耳音響放射(OAE)という検査です。この検査は、赤ちゃんの耳に音を与えて、その音が聴こえた時に内耳の中にある有毛細胞という細胞が動いて音を発します。その音を捉えて検査を行います。赤ちゃんに痛み等は全くありません。又検査時間は片耳約14秒ほどです。

検査費用

検査費用は1回2,000円です。

検査結果

検査結果はPass(パス)とRefer(リファー)の2通りです。Passは40dB前後の音(ささやき声)が聴こえていることになります。又、Passであっても進行性難聴や突発性難聴は検出できませんので、出生後も言葉の発達等に注意をはらう必要があります。Refer(リファー)は要再検査という意味で、より詳しい検査が必要という意味です。聴覚障害があると診断したわけではありません。 赤ちゃんの耳の機能発達の個人差でPassしない場合もあります。

  • 産科外来
  • 産科入院
  • 婦人科
  • 教室

診療・教室 インターネット予約

外来初診予約

外来呼び出し情報

  • TGC CALENDAR
  • クラブT.G.C.
  • 4D超音波外来
  • 婦人科 特殊外来
  • 手ぶらで入院
  • 分娩統計
  • さい帯血バンク
  • 美容と健康
  • スペシャルメニュー
LINE@